finalement c'est un échec ce film

やっと見ました
『たのしい知識 Le Gai Savoir』
d0101675_22184096.jpg


字幕無しのフランス語ver.見た所で何一つ判らなかった映画....
この度日本語字幕でやっと・・・

でもやっぱり難しい!

台詞と重なって画面に映し出されるコラージュに殴り書きされる言葉
その全部を受け止めるだけの頭は私にはなかったのです

しかも変に仏語を理解してみようとしちゃって
さらにこんがらがる・・・・
これって吹き替えてもいんじゃない?なんて思ってしまうくらい複雑

ただただ、レオー&ベルトが画面に映し出されてるってだけで
満足してしまいました
[PR]
# by mkuke | 2012-07-24 22:20 | Film

フレッド

素敵なダンス 見つけました


軽やかで エレガント
背中に羽がはえてるみたい!
[PR]
# by mkuke | 2012-07-10 23:49 | Film

Take this waltz

公開するみたい!
やったー!嬉しいな☆

しかし、このミシェル・ウィリアムスが心奪われるらしき相手はいかがなものか・・・
どう考えたってセス・ローゲンのが好きだけど!

趣味の問題ですか??

[PR]
# by mkuke | 2012-07-05 21:38 | Film

2003 Britny Spears most googled

母親が亡くなった後 年老いた父からゲイだと告白された奥手の独身男子
『人生はビギナーズ』
d0101675_14231593.jpg


その父はがんを宣告されるが人生を謳歌し全うする
衝撃的な告白をし 余生を奔放に生きた父
どうやら全てを受け入れて父と一緒になったらしい母の孤独

父の死を受け入れられずに自分の殻に閉じこもる彼は
ふしぎな魅力を持つアナに出会い恋に落ちる・・・・
d0101675_14233693.jpg


くすくす笑えてなんとなく幸せな気分になれる・・・・
そんなかわいらしい映画です
父が遺した愛犬とかわいらしいやりとり 
d0101675_14233776.jpg

イラストレーターの彼のドローイング
d0101675_142475.jpg

夜中のいたずら 80’sのそれとは全く違うグラフティ
d0101675_14241520.jpg


監督のセンスに溢れてます

指を指した方向へ進んで行くドライブやホテルの中でのローラースケートのシーンなどなど
2人のシーンがとてもかわいくて好きです
d0101675_14241368.jpg



孤独と愛と家族と友達と人との関係性、人生の楽しみ方についての映画でした!

82歳で史上最高例のアカデミー助演男優賞に輝いたクリストファー・プラマーは
その年齢とは思えない瑞々しさ!
d0101675_1426227.jpg

いつでも自分はビギナーなんだという気持ちで
フレッシュでいたいものです!
[PR]
# by mkuke | 2012-03-13 14:29 | Film

All I know is, life on earth is evil.

『メランコリア』
d0101675_15233842.jpg

ラース・フォン・トリアー監督の新作です
前作の『アンチクライスト』があまりに衝撃的で
本気で気分が悪くなったので
今回はどうなる事やらと構え過ぎ...
少しばかり気が抜けました
d0101675_15241143.jpg

今回の作品はその場の衝撃よりも
あとあとじりじり効いてくる感じ

キルスティン・ダンストとシャルロット・ゲンズブールの正反対な姉妹が迎える
地球最後の日の物語・・・
d0101675_1524948.png


恐ろしい映画ですが うっとりするほど美しい映画でした
特に始まってから10分少々のプロローグの美しさといったら!
d0101675_1524485.jpg

いつかメランコリアに地球が飲み込まれる日が来たとしたら
私はどんな風に迎えるのでしょうか?

しかしながら久々に見たキルスティン・ダンストは凄かった
青白い 不機嫌な顔のアップに すごみがありました
d0101675_15241454.jpg


意図的になのか 2人の周りの人たちは
嫌味な 本当に気が滅入りそうな奴ばっかり
そして 2人の母親役 シャーロット・ランプリングの狂気!貫禄です
[PR]
# by mkuke | 2012-02-28 15:27 | Film

Chacun son destin

『サラの鍵』
d0101675_21492181.jpg

昨年観た『黄色い星の子供達』でも描かれていた
フランス警察によるユダヤ人一斉検挙によってヴェルディヴに集められた人たちに起きた
悲しい歴史の物語
d0101675_21495026.jpg


1942年のこの事件を 現代2009年を生きる 女性 ジュリアの視点で描いています
アメリカ人ジャーナリストはフランス人夫の祖母が所有する
パリ・マレ地区にあるアパートの改築計画を進めていました

そしてヴェルディヴ事件の取材をしている中
このアパートこそが一斉検挙が行われた場所だと知り・・・
d0101675_21501298.jpg


現代と過去を交差させながら 家族の秘密に迫って行く描写は巧みで
現代を生きるジュリアと戦争のさなかに生き抜く二人の女性の人生のシンクロは
なかなか見応えがあるドラマでした



『黄色い星の子供達』を観た時の胸が締め付けられそうな気分はなかったかな,,,
幾分 ドラマチックすぎたみたい・・・
ドラマチックすぎて 芸達者過ぎて 本当の事件の悲惨さを通り越してしまった気もしました
d0101675_21503870.jpg

サラ役の女の子が良かったです

それにしても エイダン・クイン!おっさんになったな・・・
[PR]
# by mkuke | 2012-02-14 21:53 | Film

頑張れ

主演の二人がヴェネチアでマルチェロ・マストロヤンニ賞をとったという
『ヒミズ』を観ました
d0101675_20341877.jpg

2011年3月11日以降の日本へのエール?
絶望と希望の物語です

母は男と家を出てしまい たまに帰ってくる父には存在を否定される言葉を受け
普通の真っ当な大人を夢見ていたのに
衝動的に父を殺害してしまった住田
d0101675_203591.jpg

父親を殺害した後 残りの人生を『おまけ』とし
悪人を退治しようと夜の街を徘徊する彼を
立ち直らせようとする同級生の茶沢
彼女もまた 親に愛されない家庭環境に育っています
d0101675_20354663.jpg

住田の家の周りでテント暮らしをする
震災で家や仕事・社会的地位をなくした被災者達も
それぞれに絶望感を抱きながらも どっこい生きてる優しい大人として
ゆるい絆でもって 二人を見守っています

面白いな と思ったのが
冒頭 授業中に先生が
黒板に 夢 だか 希望 だかと書いて
スマップよろしく
一人一人は違った花だと 胡散臭く拳をあげて語ります
自分が学生の時にそんな教師がいたって 全然共感出来なかったと思うし
もちろん映画の2人にもその言葉は空々しく 嫌悪感を抱くだけ
なのですが ラストでも同じ台詞が使われます

ただ響きが全くちがうんだなー

絶望を感じた後 やっぱり 人間は希望とか夢とか
そんな絵空事みたいな事を信じて頑張るしかないのかな・・・
昨年の震災以降 テレビのドキュメンタリーなんかでも
よく聞く言葉ではあるけれど
人を救えるのはやっぱり人なんだなぁと思いました

日本人が感じた震災の絶望感を 住田の絶望とし
茶沢の希望を この国の未来に重ねたのでしょうか?

設定が極端で暴力的で非現実的
最初はちょっと乗れないなぁと思ってしまったのですが
よく考えれば 非現実的だと思っていたような現実なんてざらにあるわけで!

最後に 茶沢が 
がんばれ 住田!
と叫びますが この頑張れという言葉も否定的に取られがちな昨今ですが
単純で いいなぁーと思いました
d0101675_20362353.jpg

しんどくても 辛くても
自分から諦めたり 人生をなめたりしちゃいかんな と
最期は
未来を信じて 頑張ろう
と思えた映画です

主演の2人のテンションといったら凄かった!

Lire la suite »
[PR]
# by mkuke | 2012-01-17 20:41 | Film

Sympathique

先日観た 『永遠の僕たち』の中で
主人公のイーノックとアナベルが最も幸せな時間を過ごすシーンで
Pink Martiniの『Sympathique』が流れていました

私がフランスに行くぞと決め切る前の年
その頃 毎週あそんでいた仲間たちとのテーマソングでありました

Je ne veux pas travailler   働きたくない
Je ne veux pas déjeuner お昼ごはんなんかいらない
Je veux seulement l'oublier ただただ忘れたいだけ
Et puis je fume そして私はたばこをふかす



なんか懐かしくって自分の青い春を重ねてしまいました...
まあ、この映画の主人公達のような
美しい季節ではなかったけれど
それでも なんだかぼんやりとやりたい事が先にあって
目の前にもやりたい事がいっぱいあって

悩んでたけど楽しかったよねーって
あの頃が羨ましくも思えました

2012が始まりましたが
なんか年の初めにこの曲を思い出してよかった
今年も やりたい事をたくさん目の前に並べて
楽しく過ごせますように
数年後に あの時は楽しかったなぁーって
思い返せる日々を重ねていきたいものです
[PR]
# by mkuke | 2012-01-10 22:57 | Journal

Who do you live for?

2012年 初映画!『永遠の僕たち』を観てきました
d0101675_2232524.jpg

最近なんだか多い気がする
余命短い少女と、死に取り憑かれた少年のラブストーリー

主人公のイーノックは見知らぬ人の葬儀に潜り込むのが趣味で
何でも話せる相手はカミカゼ特攻隊で死んでしまった日本兵のゴースト ヒロシだけ
というかなり変わった少年
ある少年の葬儀でアナベルという少女と知り合い意気投合するが
アナベルは脳腫瘍で余命数ヶ月の宣告を受けていた
アナベルの来るべきその日の準備を手伝うと約束し 二人は距離を近づけるのですが...
d0101675_22332592.jpg


ストーリーはなんだか聞いた事あるような そんな悲恋ものっぽいのだけど
とてもフレッシュでさわやかで後味の良い映画でした
ゆうに想像できる悲しいラストが待っているのですが
とてもさわやかで生きる事への前向きな気持ちで溢れているし
見終わった後とてもポジティブな気分にさせてくれる
いい映画でした

Lire la suite »
[PR]
# by mkuke | 2012-01-10 22:36 | Film

2012☆

Bonne année!!

Je vous souhaite à tous une excellente année 2012, qu’elle soit pleine de bonheurs et de belles surprises !

あけましておめでとうございます!
本年もどうぞよろしくお願いします;)

d0101675_22211595.gif

Fireworks Studies by Pierre Le Hors
[PR]
# by mkuke | 2012-01-03 22:23 | Journal