We're not blind in spirit, Father. We're just human beings in a changing world.

d0101675_21293843.jpg

d0101675_21294625.jpg

d0101675_21295637.jpg

山猫 ; Il Gattopardo(1963)
Luchino Visconti

豪華絢爛!
大きなスクリーンで見てこそ!のラストの舞踏会のシーンは圧巻です
この映画のアラン・ドロン 人相がどんどん悪くなっていくのが凄い・・・
[PR]
# by mkuke | 2011-12-05 21:39 | Archives

Somewhere out there I'm having a good time.

小さな息子を突然の事故でなくしてしまったある一組の夫婦の物語
『ラビット・ホール』
d0101675_23495026.jpg


タイトルの『ラビット・ホール』とは
一瞬にしてまるで現実の事とは思えない奇妙な世界に陥ってしまった状態を
ふしぎの国のアリスが突然引き込まれてしまったウサギの穴に重ねたという事です

まず監督のジョン・キャメロン・ミッチェルが凄く好きです
今までは奇抜な映画が多かったので 今回 一転したなぁ
と思っていたけど
作品のテーマというか真ん中に流れる精神みたいなのは相変わらず
人とうまく繋がれない不器用な登場人物達が
どうにかもがき苦しんで 
問題が解決したり 明るい光が燦々とさす場所に到達したりしないけど
何かしら ささやかな希望を見つけるという・・・
そんな ささやかな物語でした

お互いに思いやっているのにうまく行かない
当たり前の幸せな日々を取り戻せない
息子を亡くした夫婦も喪失感の中にいるけれど
事故の相手である高校生の青年もまた
罪を背負ってしまったものとして ラビットホールを彷徨い
別バージョンの素敵な人生がパラレルワールドにあると信じています
d0101675_2350245.jpg


ニコール・キッドマンとアーロン・エッカートが夫婦を演じています
彼らはもちろん素晴らしいのですが事故を起こした高校生
を演じている俳優さんが凄くよかった
d0101675_23502977.jpg


ニコールキッドマン演じるベッカのお母さん(彼女もまた10数年前に息子を亡くしている)が

悲しみは消して消えないが 時と共に 小さく 軽くなり
たまに忘れたりしながらもポケットに入れ持ち続けるのだ 

という話をするシーンがとても好きです
娘の悲しみに寄り添いたいのにうまくいかない 
不器用でとてもチャーミングなお母さんでした

あーそれにしても アーロン・エッカートがすき!
やっぱ(アゴが)かっこいいー:)
d0101675_23493869.jpg

[PR]
# by mkuke | 2011-11-20 23:54 | Film

夢は第二の人生

元町の映画館にて
『サヴァイビング・ライフ』を見てきました

d0101675_20175397.jpg

中年のサラリーマン、エフジェンは
現実には大して美しくもなく  口うるさい奥さんとの2人暮らしに満足しているものの
夢で出会った美女が忘れられない
精神カウンセリングを受け 意識して夢を見る本を探し出し
会社に行くフリをして夢の中に出かけるようになり・・・

まず監督の制作費がたりなくて・・・みたいな言い訳(?)から始まるこの映画
ほぼ写真のコラージュで作られています
夢と現実の境目 を行ったり来たりするこの映画の不思議な世界を作るのにも
ぎこちなく動くコラージュの登場人物たちは
とても効果的でした
d0101675_20175545.jpg


フロイト ユング スーパーエゴがどうとかこうとか
何か意味があるのだろう鶏の頭をもつ中年の裸のおばさんとか
卵を抱える中年おやじ 割れる卵
意味不明の不条理な世界が展開され
ワルツのリズムに合わせて主人公は常に寝ているものだから
中盤 気がついたら少し寝てしまいました

が 最後はものすごい勢いで
整然と物語がクリアに!!

『夢は第二の人生』
らしいんだけど この映画においては夢こそが本当の人生 って感じでした

うーん 前半のはちゃめちゃに比べて 最後のすっきり具合が半端ない
凄い映画!

でも仕事帰り 疲れた頭の私にはちと長かった・・・

この監督はスパッと短編で見る方が気持ちがいい
のは 私だけ?
[PR]
# by mkuke | 2011-11-06 20:21 | Film

メランコリア

『メランコリア』の公開日が、2012年2月17日に決定したそうなな

早く見たいのでポスター集めてみました

d0101675_22414129.jpg

d0101675_22413846.jpg

d0101675_2241274.jpg

d0101675_22412538.jpg


来年だそうですが
ラース・フォン・トリアーの世紀末物語
楽しみです・・・

予告だけでも ドキドキします
[PR]
# by mkuke | 2011-10-24 22:46 | Film

Sois un cote de toi

『引き裂かれた女 La Fille Coupée En Deux』

昨年 亡くなったクロード・シャブロル監督の最晩年の作品
d0101675_22565720.jpg


まったくオバカちゃんのお話です

博識な妻子ある年上の男と お金持ちのバカボンの間をふらふらしてしまう
美人な若いお天気お姉さんのお馬鹿なお話・・・

こう言ってしまうと身も蓋も無いのではありますが...
そこは シャブロル監督
なんとも巧みなわけで・・・
洒落たエロいサスペンス?
上手なブラックコメディ? に仕上がっています


リュディヴィーヌ・サニエの常に半分口が開いたようなお天気お姉さんが
おそろしくかわいらしい・・・
d0101675_22575285.jpg


そして何といっても馬鹿丸出しのボンボン ブノワ・マジメル!
爪をかみながら
ちょっとでいいから好きになって
なんて 上目遣いで・・・
最高でした 男優賞 あげちゃうね


思わせぶりな ラストシーンが凄く好き
本当に引き裂かれちゃった!
シャブロルって本当に初期のものしか見た事ないのだけど
きちんと 見ないといけません!

ちなみにこの映画
スタンフォード・ホワイト殺害事件
という実際の情痴事件にヒントを得た作品なのだそうです

まあ     ありそうではある話・・

Lire la suite »
[PR]
# by mkuke | 2011-09-28 23:24 | Film

モーニングパスタ

『あしたのパスタはアルデンテ』
d0101675_22182476.jpg


南イタリアの田舎町でパスタ工場を営む一家のもとにローマで学生生活を終えた
末子のトンマーゾが帰郷
兄の社長就任を祝う食事会が行われる前夜
彼は兄に秘密の告白をする

経営学部ではなく文学部を卒業した事
小説家になりたい事
そして自分はゲイである事・・・

共同経営者と食事会が行われる席で告白をしようとしたトンマーゾを振り切り
話だした兄はなんと
自分はゲイだ と告白
憤慨した父により兄は勘当され、そのまま心臓発作を起こして倒れてしまう

トンマーゾは共同経営者の娘とパスタ工場の仕事を始めるはめに陥ってしまい....

いやぁーあまり見る機会のないイタリア映画ですが面白かった!
タイトル以外にイタリアらしさはあまり感じないけれど面白くって
ちょっとほろっともするエンターテイメントでした

主役のトンマーゾ 大学を卒業したてくらいの設定かと思いますが
かなり老けてます
ちょっと若めの ジョージ・クルーニーって感じ
実際の俳優さんもオーバー30でした

タイトルにアルデンテなんてついてるわりに まったくパスタが出てきません

おばあさん役の女優さんがとてもきれいなのですが
嘘っ!ていうすごい展開に驚かされます
ええっ?つうくらいのベタなギャグシーンなんかも散りばめられている
楽しい映画でした!

Lire la suite »
[PR]
# by mkuke | 2011-09-28 22:22 | Film

映画 備忘録


『Melancolia』
ラース・フォン・トリアー監督最新作
これ いつ見れますかね?


『Super』
最近この手のものが流行ってる気がしないでもないけど
出てる人たちが魅力的すぎる!


『Un amour de jeunesse 』
この監督好き
なんだかこの予告だけでもきゅんとしますなー


『Les Bien aimés』
オノレ監督 ルイ・ガレル ドヌーブ様・・・
どこを切ってもおいしそう!
ドヌーブ作品は公開に期待できますな☆
[PR]
# by mkuke | 2011-08-26 21:02 | Film

ララン

ロマンチック・・・・

[PR]
# by mkuke | 2011-08-21 09:38 | Art

You have to invite me in

『モールス』
d0101675_9223521.jpg

『ぼくのエリ 200歳の少女』をハリウッドがリメイクした作品です

物語の大筋は同じで所々ディテイルが違う・・・
という程度だったので
ヨーロッパとアメリカの色の違いが はっきりしたという印象

私はスウェーデン版の方が好きだな

男の子の孤独感とか 田舎町の閉塞感とか
そういうのがあのくすんだ色合いの中で見た方がしっくりきます

今回のアメリカ版はより鮮やかで よりホラーな感じでした

多分こっちを先に見てたらスウェーデン版見てないかも

逆で良かった
[PR]
# by mkuke | 2011-08-21 09:23 | Film

Txakoli

少し前のことですが

久々にピクニケ会が催されました

いつもの皆様の持ち寄り 力作 ごはんに加え
今回は 現地調達のシャルキュトリ&パン というか メツゲライ&ブロート
d0101675_221373.jpg


いつもにも増して 素敵ピクニケとなりました


この日なんともテンションがあがったのがこの瞬間...
d0101675_2225537.jpg

はい チャコリ!

やったね!

サンセバで雇ってもらえないかしら・・・


そういえばこの日は熱中症にならなかったのが不思議なくらいの暑さでした
おしゃれに決めたピクニケも最後はミスドのジュースで閉めました
[PR]
# by mkuke | 2011-08-17 22:06 | Journal